空き家

ペナルティーの恐れがある住宅とは

老朽化した住宅を所有しているものの、古過ぎて倉庫くらいしか使い道がなく、さらに特定空き家に指定されて固定資産税が本来の4〜6倍近くに増えてしまった等、このようなペナルティーでお困りの際に、無料売却相談を受付中です。このような老朽化した家も売却する手段はあるため、売却を諦めず前に進んでいきましょう。
< 12 3 4 ... 6 >

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG

本来は持ち家のより積極的に購入を促すことが住宅用地の特例措置の目的でしたが、それが裏目に出て誰も住まない家が増えている問題が発生しています。人口が減少して団塊世代から引き継いだ家に住む方がおらず、解体すると特例措置から外れてしまい、固定資産税が増えてしまうためです。そこで平成27年の税制改革で、老朽化や不衛生などの状態が深刻化している空き家には特例措定が適用されなくなりました。固定資産税が4倍近くなり、強制撤去+撤去費を負担するといった事態を未然に防ぐためにも、売却することが必要かもしれません。